初恋の恋人とのメモは誰しも記憶に残る賜物

「初恋」という言葉だけでそれなりにキュンとしてしまうよね。私も思い起こしただけでキュンキュンしてしまう初恋の彼氏がいました。今のダディーもひとつは知っているのですが、まさかわたしが彼氏を思い出してキュンとやるなんて想像もしていないと思います。
その初恋はの間学生のケースでした。異性に夢見るお年間だ。彼氏は際立つ好きなタイプメソッドはなかったのですが、端正な顔立ちで中枢なオタクが手広くいました。わたしはというと、よく生じる女性一門の隊員で特に際立つ物品も無く、その他多数としての間授業生活を送っていました。
そういうわたしが、そんな彼氏に異性をしてしまったのだからどうしようもありませんでした。競合は山ほどいるし、例え異性が実っても何を話したらいいのかもわかりませんでした。しかし、プラン替えの年、なんとその彼氏とおんなじプランになれたのです!感激しましたし、どうしようも無くストレスしました。今だから言えますが、まったくプログラムなんて聞いてませんでした。彼氏ばかり見ていました。頭がいいのにプログラムの間はほとんど寝ている彼氏をまさに恋する視線で見つめていました。すると、怪しげな視線に勘づくのか彼氏がこちらを振り向くのです。慌てて眼をそらします。こんなストーカーちっくなことをゼロ年内続けていました。昨今思えば彼氏からすると、かなりうっとうしかったと思います。
そしてこういう異性が実ったのかというと、そんな動機はなく高校生で彼氏は進学校へ、わたしはフツーの高校生へ進学し、それっきりだ。
でも、今でも彼氏が振り向いた瞬間の面構えが忘れられません。きっと、実らなかった異性だからこそすばらしく思い出されるのでしょうね。http://xn--n8jubyxgbz650a69vn83c.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です