あり得ない!と思ってしまった私の色恋心境

わたくしには、ハイスクールを卒業した後、大学生となり、長距離恋愛をしていた主人がいました。その主人は、とても私のことを大切に思っていてくれました。しかし、規定している時はがたつと、私の主人に対する胸中が薄れていきました。というのも、おんなじカレッジに通っていた同級生の男子に色恋に落ちてしまったからだ。その男子とは、カレッジに入学してからすぐ、ラインをするようになりました。「良い。」「己さ、○○○くんの言動、残りですわ」そう言われたのは、入学してわずか2週目線のことでした。そうして、わたくしはその主人と付き合うようになったのです。長距離恋愛をしていた主人には、はっきりとその旨を報じ、謝り、離れました。新しい付き合いが訪れ、1か1箇月間はとても楽しかっただ。が、2か1箇月目線に入り、主人のわたくしに対する物腰がそっけなくなっていきました。「振られる。」心得しました。その週間その後、離別を報じられました。「なんで?」と聞くと、「稽古で慌しいから」との言動。わたくしはその言葉を信じませんでしたが、正式に離れることになりました。別れてから数週その後、驚くべき現実を耳にしました。主人には、2人の子どもがいたのです。また、旦那と呼んでいたギャルもいっぱいいたのです。18才。こうしたダディーの人に出会ったのは、初めての見聞きでした。40歳独身女性でも結婚できた婚活サイトのすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です